ADHDの長男、パニック持ちの長女、グレーゾーンの次男を育てる茶トラがADHDや不登校、起立性調節障害、etc...エピソードをご紹介します★

先生「息子さんはADHDだと思うんですよ」

ADHD

 

前回の続きで長男がADHDと診断された時のことを、当時の日記を参考にリライトします。

前回の記事はこちら👇

【ADHD】息子が発達障害と診断された日

 

 

息子さんはADHDだと思う

先生が私の前に出した冊子に書かれてあったのは「ADHDとは」の見出し。

その瞬間、電気が走ったように頭がシャキっとした記憶が残っている。
ショックよりも「やっぱり…」という気持ちが大きかったはずなのに、脳が覚醒したような感覚。

頭のどこかではショックを受けていたのかな。

 

先生はその見出しを指しながら、あっさり一言。
「長男くんはこれだと思うんですよ」

先生の話では長男にも、その冊子を見せながら話をしたと聞かされ、
「育てにくいとか、躾がなっていないとか、お母さんのせいじゃありません。この病気の特性です」
慰めの様に先生の言葉が続いた。

発達障害、アスペルガー症候群、ADHD。
今まで何度もインターネットで検索したから、先生がする簡単な説明も冊子に書かれた代表的な特性も知識としてあった。

そして私は先生の一言で感情が抑えきれず涙が溢れた。
「お母さん、長男くんは僕達の想像を超える程の努力と我慢をしています。」

普通に他の子と同じ様に学校生活を送っているだけなのに、帰宅と同時に大きなため息をつく長男。
疲れたと何度も繰り返す長男。

小さな事でも悩みストレスを抱える長男は、私が思う以上に苦悩な日々を過ごしてきたという事実を突きつけられた。

 

押し寄せる後悔

もっと早く受診すれば良かった。少しでも疑いを持った時に、すぐに受診をすれば良かった。

涙を流す私に先生はこうおっしゃってくださった。

「お母さんが、長男くんの為にそうやって一生懸命になることが、彼の一番の安心に繋がります。色んな後悔や思いがあると思いますけど、受診のタイミングは今がベストだったんですよ。」

先生の言葉に少し気持ちが落ち着いた。

 

少し冷静さを取り戻した私は、先生と今後のことを話した。

「本人が学校に知られる事を嫌がっているんですが…」

今の生活にあまり不便を感じていない長男は、人に知られたくないと強く希望。

「本人が困ってなくて学校にも特に迷惑をかけていなければ、わざわざ報告はしなくて良いと思いますよ。」
先生のお言葉に一安心。

我慢が苦手なこと。
集中出来ないこと。
気を抜くと忘れっぽくなること。
感情のコントロールが苦手なこと。
テストのニアミスが多いこと。

色々なことを考慮して受験生ということもあり、服薬した方が良いということ。

ただ先生は未成年にお薬を出す時は慎重に判断したいらしく、服薬の決定は次回ということになった。

 

 

初診にかかった金額

今回の診察でかかったのは約7,000円。
総合病院に紹介状なしで行ったから、その5,000円が含まれている。

それプラス、長男は学校の給食に間に合わず、帰りに二人でランチした2,000円。

 

 

ちょっと短いですが、ここまでが初診の時の記録です。

リライトしながら当時の気持ちを思い出し涙ぐんでしまいました。今より発達障害やADHDが当たり前じゃない当時、受け入れるのが本当にしんどかった。

それと同時に長い間苦しんできた長男に早く手を差し伸べられなかった申し訳なさと、いわゆる”普通の子”に生んであげられなかった申し訳なさは今でもずっと心にあります。

成長の節目に数々の苦労があったから、それを自分のこと以上に辛かったから忘れられません。

発達障害やADHDがオープンになった今、少しでも長男のように苦しまずに済む人が増えることを祈っています。

👇応援にクリックしていただけると嬉しいです👇

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ

コメント

  1. satoyama より:

    ブログランキングからきました。
    ADHDについて耳にすることはありましたが、詳しく知らなかったので参考になりました。
    少しでも苦しむ人が減ることを願います。

    • 茶トラ 茶トラ より:

      satoyamaさん
      ありがとうございます!私も息子がADHDじゃなかったら何も知らないまま「変わった人」「困った人」と見ていたと思います。海外のようにADHDに対して、もっともっと理解が増えるよう願っています。

  2. bescon より:

    こんにちは
    ランキングから来ました
    もう散々頑張っている方に頑張ってと簡単に言えませんが
    他の人より感性が優れている分
    何か得意なものが開花すると良いですね
    陰ながら応援しています

    • 茶トラ 茶トラ より:

      besconさん
      ありがとうございます!
      あんなに大きくなるまで気付けなかったこと、分かってあげられなかったこと、本当に後悔しました。でも受診したことで本人は自分の特性を知り努力することを学べました。まだまだ偏見の目があることも否定できませんが、ADHDだからこそ秀でている才能を活かすことができたらいいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました