ADHDの長男、パニック持ちの長女、グレーゾーンの次男を育てる茶トラがADHDや不登校、起立性調節障害、etc...エピソードをご紹介します★

絶対に不登校にはならない!

パニック

 

昨日に引き続き、パニック障害で学校に行くと過呼吸が出る長女の様子について書きます。

全体的に昨日よりも辛そうでした。

 

朝、自分で起きることはできたのですが、ベッドから動けない様子。もし辛いなら休んでいいよ、と声をかけると、行くと返ってきました。

それでもなかなか動けないようなので、とりあえず近いところに目標を置こうと話をして、用意するのをゴールにしました。

家から出られなくても、今日は準備ができたからOKという感じで。そうすると不思議なことにゆっくりと動き出しました。それでもやっぱり昨日よりは車への道のりもしんどそう。

そりゃそうですよね。過呼吸が出るくらい怖くて苦しい所に行かないといけないんですから…。

それでも行かない選択をしない長女に不安を感じながらも、学校まで連れて行きました。

昨日と同じように学校の側の交差点に来ると震えだし涙が溢れてきます。昨日と違うところは「嫌だ!行きたくない!」と泣き叫んでいました。

一旦、学校を通り過ぎて小休止。落ち着いたところで生徒のいない裏門から入ることにしました。

友達が迎えに来てくれたものの、なかなか私から離れることが出来ず、昨日より時間がかかりました。

学校ではずっと別室にいて、生徒に会わなければ大丈夫なようです。クラスの特定の男の子から文句を言われ続けて発作が出るようになったので、同じ学校の男の子が恐怖の対象になったようです。仲良くしてくれていた子も無理なようで。

クラスの男の子から励ましのラインが来ても返信できません。でも学校外の友達や卒業した先輩は大丈夫とのこと。もちろん先生も平気です。

恐怖の対象がかなり限定されているので安心した部分もありますが、先生と話す時には笑っているので、安易なことを言う先生もいます。

頑張りが足りない。もっと頑張れるはず。行事には出ないと困る。

発作を見た先生かどうかは分かりませんが、あの過呼吸で苦しむ長女にそんなことを言える気が知れません。

ここまで来るのにどれだけ頑張っているか。どれだけ乗り越えているか。本人が一番に何とかしたいに決まっています。

 

長女の不登校になりたくないという意思は素晴らしいものですが、果たしてこんなに頑張っていいんでしょうか?どんどん遠回りをしている気がするのは私だけでしょうか?

👇応援にクリックしていただけると嬉しいです👇

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心身症・不登校へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました