ADHDの長男、パニック持ちの長女、グレーゾーンの次男を育てる茶トラがADHDや不登校、起立性調節障害、etc...エピソードをご紹介します★

【ADHD】息子ができ婚・その後【コンサータ】

ADHD

今日は ADHD の内容とは逸れますが、先日ご報告した長男のできちゃった結婚についての続報を書きます。

過去の記事はこちら【ADHD】息子ができ婚【コンサータ】

 

あれから何度か長男と話をして、なぜ私たち夫婦が彼女を快く受け入れられていないか、若い年齢のできちゃった結婚と言えど、何故こうまで賛成する気にならないか、もう一度話をしました。

年齢差のことは何も言わず付き合いを賛成していたのに、長男の病気を理解してくれているということを信じて、長男よりも随分年上の彼女に頭を下げました。にもかかわらず「長男くんがきつくないのであればいいのではないか」と約束を守ってもらえず、その上で子供ができたから結婚を許して欲しい、と。

約束を破ったことについて謝罪はなく、私たちのことなどどうでもいいのだろうとしか思えませんでした。

それについて長男に話をしたところ、数日後電話での謝罪がありました。

前回、挨拶に来た時はとても緊張していて謝罪ができなかったこと、約束をしたのに約束を破ってしまったこと、泣きながら謝罪をしてくれました。謝罪をしてくれて私たち夫婦の気持ちは前向きに変わりました。

長男の若さや付き合いの短さは気になりますが、子供が出来てしまっているし、当人同士が結婚を望んでいるので、前向きに応援しようと夫婦で話し合いました。

そこで新たな問題が勃発…

あちらのご両親が、結納金を用意してほしい言うのです。賛否両論あるとは思いますが、私たち夫婦を含め、親族や友人、みんな口を揃えて「え?」でした。

けじめとして結納金が欲しいと言うのです。もうすでに親の反対を押し切って同棲、さらには子供までできているのに、けじめとは何でしょうか?

おまけに入社2年目に入ったばかりで、さらには浪費家の長男には貯金も全くありません。

一般的にできちゃった結婚に結納を行うかはよく分かりませんが、今から出産準備にお金がかかるという時に、わざわざ行うものなのかな、とモヤモヤが残ります。

元々、結婚のお祝いとしてお金を渡すつもりでいましたから、結納金と言えるほどの金額ではありませんが、それを結納金として食事会の時に相手のご両親に渡すことにしました。

そしてもう疑問に思ったのが、結納金の半返しは1割というのです。

結納金の半返しもそのまま子供たちへ渡すつもりだったので、私たちとしては出す金額は変わらないのですが、残りは本人たちの手に渡るのでしょうか…

お金のことなので突っ込んで聞くのもイヤらしく思い、私たちは当初の金額を先方に渡すことにしました。

食事会当日、色々と衝撃的なことがありました。

普通の一般家庭と聞いていましたが、高級外車で会場に乗り入れ、その割に格好がちょっと釣り合わない状態で…彼女も妊婦ということでワンピースを着ていたのですが、カーキ色のとてもカジュアルなものでした。お母様に関してはノースリーブのワンピース。

そしてとてもよくしゃべるお父様ですが、内容がすべて自分の武勇伝…中学の時はカツアゲをしていたとか、どこどこの中学校に喧嘩を売っていたとか…

子供達の話はほとんどなく、お父様の話をずっと聞かされている状態でした。

私も主人も高校生になる長女も食事会が終わった後は、まるで登山をした後のようにクタクタ…この先、親戚付き合いをすると考えると、ちょっと気が重いです。

そして半返しとして戻った金額は、やはり1割でした。

私たちは結納金としては少ない金額だったので少し見栄えのする祝儀袋で包みましたが、その金額の1割の半返しは霧の箱に入ってきました(笑)

もう何だか私たちとはいろいろ価値観が違い、生まれてくる孫のお祝い事は、両家別々でしたいな、と思ってしまいます。そんなことできるか分かりませんが…

前回の記事で、頑固でわがままな実母が「私は会わない」と私を困らせていると書きましたが、時間が経って少しずつ気持ちが落ち着いてきたようで、私の祖父祖母(長男の曽祖父曽祖母)に挨拶に行く時に、実母も来てくれることになりました。母にとっては時間薬だったようです。

食事会も終わり実母問題も解決し、ちょっと肩の荷が下りました。妊娠を聞いた時から食事会が終わるまで、怒ったり泣いたり悩んだり、寝れない日もありましたが、最近は朝までぐっすりと眠れるようになりました。

どうかどうか大きな問題が起こりませんように…

👇応援にクリックしていただけると嬉しいです👇

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました